教育システムEducation System

児童の笑顔をつくる「ホップ!ステップ!マップ!」

児童の笑顔をつくる「ホップ!ステップ!マップ!」 開発チームインタビュー&メッセージ

「ホップ!ステップ!マップ!」とは?

文部科学省が推奨する「安全マップづくり」を支援するために開発されたアプリケーションです。
「安全マップづくり」は、子供たちの視点で身近な場所を探索して、危険な場所を事前に確認をしておく事で、子供の危険回避能力の向上に効果が期待出来ることから推進している地域が増えております。
また、小学校の授業で様々な安全教育の中の一つのメニューとして「安全マップづくり」が推奨されています。

 小学生でも簡単に利用が出来る!
 活動の準備から発表会までをフルサポート出来る!

それが「ホップ!ステップ!マップ!」です。


児童・生徒をとりまく社会の動向(政府資料より)

  • ●登下校時の事件を受けて・・・
    「登下校時における幼児児童生徒の安全確保について」(平成17年12月6日 17文科ス第333号)
    3. 幼児児童生徒に危険予測・回避能力を身に付けさせるための安全教育の推進
     幼児児童生徒が犯罪に巻き込まれないようにするためには、幼児児童生徒に危険予測能力や危険回避能力を身につけさせることが必要であることから、通学安全マップの作成、防犯教室の実施等の取組を通じて、幼児児童生徒の発達段階に応じた実践的な防犯教育を推進すること。
  • ●震災を受けて
    「学校安全の推進に関する計画」※抜粋
    ~特に、東日本大震災を受けて、児童生徒等が主体的に自らの生命を守り抜くための行動につなげる態度を身に付け、被災後の復旧・復興を支えるための支援者となる視点を取り入れた新たな防災教育を含む災害安全(防災)が求められるとともに、今回の大震災の教訓を次代を担う児童生徒等に伝え、児童生徒等の危険予測・危険回避能力を高めることが我が国の安全教育にとって極めて重要であり~
  • ●そして、今・・・
    「学校安全に関する更なる取組の推進について(依頼)」(平成27年3月31日 26ス学健第87号)
    3. 通学路安全マップの作成
     児童生徒等に対し、通学路の安全マップを作成させることは、安全の問題を自分たちの生活空間と関連付けて具体的に考えさせる教育として非常に有効である。児童生徒等が自ら危険を予測し、回避することができるようにするためにも通学路の安全マップの作成及び活用を促進すること。




ダウンロード

1)製品カタログ (PDF/約4MB)   2)アプリ操作「基本」マニュアル (PDF/約1.5MB)


お問い合わせ先

ホップ!ステップ!マップ!担当 ( Mail : hopstepmap@iforcom.jp )

もしくは、下記メールフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

▲ページ上部に戻る